従業員満足−有限会社 人事・労務

有限会社 人事・労務
トップページ コンサルティングメニュー 各種教材・書籍 セミナー情報 会社案内・実績 ES経営ブログ お問い合わせ

つながりを実感する社員手帳作成プログラムがスタートしました!

組織の思いと社員の思いを重ねる。

思いの共有がなければ、社員は自律的に働くことはできません。

新しい価値を創造するためには自律性の高い社員が必要ですが、単に自律性の高い社員が集まっただけでは強い組織にはなりません。自律性の高い社員が共通の思いを持ち、思いのベクトルが重なって初めて、本当に強い組織になるのです。共創型組織とは、お金が儲かりそうなビジネスモデルから未来が生まれるのではなく、同じ未来を見ているもの同志のつながりから事業が創発していくというビジネスモデルです。組織と社員の間に共通の思いがなければ、社員が自律的に働くことはできません。思いの共有無くして、社員の自律性は実現できないのです。会社の思いに自分の思いが重なったとき、初めて社員は主人公として働くことができ、それこそが従業員満足につながっていくのです。

従業員満足を高めるモチベーションの持続と主体性の強化

主人公として働くことが従業員満足を高める。

共創型の組織への組織変革には、かなりの労力と時間が必要となりますが、変革を実現した暁には、強力な競争優位が構築され、持続的成長の原動力となります。

ESR組織開発では、価値観の共有を通して、社員が自律的に行動する組織を目指していきます。

 

 

 

目に見えない報酬を与えられるか?

知的ワーカーの時代には、「成長実感」「達成感」「社会貢献」等、目には見えない報酬の価値が高まっていきます。これからの時代、仕事はクリエイティブでエキサイティングのものであり、仕事そのものが報酬になるのです。いや、そうなるべきなのです。これからは、金銭的報酬だけでなく、内的報酬(承認報酬、つながり報酬、成長報酬)を見える化し、しっかりと社員に与えることができる仕組みや現場をいかにつくるのかが問われる時代なのです。リーダーシップ、責任、意思決定、思いを共有する仲間、難しい課題へのチャレンジ、学び、成長など、いかに、非金銭的な報酬を与えることができるかが重要になってきます。

大人の成長は一人ではできない

「良い人間関係を築いている」「まわりから感謝される仕事をしている」「自分の判断で仕事をしている実感がある」「自分の仕事が世の中の役に立っていると感じる」といったES(従業員満足)による”目には見えない心の報酬”を職場の中に見つけ、自己の成長の糧とできるかどうかが、組織の成長力にも影響が生じます。

クレドづくりビジョン策定など、ES(従業員満足)を軸とした組織づくりを進める上で、個々のメンバーが参画意識をもって取り組んでいるかどうかは、ES(従業員満足)向上施策の成果を大きく左右します。

つまり、「上司に言われたから」「社長が発表したから」という受身ではなく、皆が「自分ごと」として取り組めるかどうかが、ES(従業員満足)を軸とした組織づくりにはとても重要な要素となってきます。

「自分ごととして取り組む」すなわちそれは、個々のメンバーが主体性をもって取り組むことです。

近年、「大人でも成長する」ということが、「ロバート・キーガン」らの論文でも明らかになりました。子供だけが成長するのでなく、「大人も成長する」ことが分かってきたのです。私自身、「ES組織開発」を実践する過程で、大人も成長するということを学んできました。そして、ここで大切なことは、「大人の成長」は一人では出来ないこと。必ず、周りの環境との出会いや他人の力が必要なのです。

主体性は、自動的に高まるものではありません。一人でも多くの人が参画できる”場”をつくり、その”場”での対話(ダイアログ)を促し、”場”に興味をもつ人たちを増やし、その”場”を継続していくこと。そのプロセスを通して、「自分たちが組織の”目には見えない大切なもの”を創り上げているんだ」「自分たちで未来の経営のストーリーを描いているんだ」という参画意識が醸成され、主体性を高めていくことができます。

そのプロセスを通して、「自分たちが組織の”目には見えない大切なもの”を創り上げているんだ」「自分たちで未来の経営のストーリーを描いているんだ」という参画意識が醸成され、主体性を高めていくことができます。

イノベーションを巻き起こすESを軸とした組織戦略策定プログラム

個々の成長を促すES(従業員満足)向上施策「クレボリューション」

ES(従業員満足)向上施策を進める上で大切なことは、

「対話(ダイアログ)のある場づくり」と「リーダーシップの機能」です。

そのために、組織開発プログラム「クレボリューション」を導入しています。

クレボリューション

 

●対話(ダイアログ)のある場づくり

  参加する皆が未来志向の対話を行なうことができるのが、
   「ワールドカフェ」や「つながりインタビュー」です。
  自分自身と組織や仕事、地域とのつながりを実感し、それらのつながりを強化するために
   どのような一歩を踏み出すべきなのか、「自分ごと」として考えることができます。

  >>ワールドカフェについて

  >>つながりインタビューについて

 

●リーダーシップの強化


  ES(従業員満足)向上施策を推進するために必要な要素として、
   「サーバントリーダーシップ」という考え方があります。

  サーバントとは“奉仕型”、つまり、がんがん前に引っ張る(ワンマン)タイプではなく、
  後ろから背中を押したり機会を与えたりして“支える”リーダーシップのことです。

  全ての施策はこのサーバント型リーダーシップとワンマン型リーダーシップとを
   うまく使い分けながら、組織のメンバーのベクトルをあわせ進むべきビジョンを
   明確に示していくことが重要です。

  ■リーダーとしての内省と気づきを促すコーチングツール『職場の習慣』

イノベーションを巻き起こすESを軸とした組織戦略策定プログラム

Copyright © Personnel Affairs & Labor Management co.,Ltd. All rights reserved.

Supported by Nobleweb

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー
朝礼を活性化!月刊『職場の習慣』ES(従業員満足)ならリーダーのESマインド活性化 特訓コース ESクレド実践マニュアル ES(従業員満足度)組織診断 クレドの作成 リーダーシップ向上のためのトレーニングシート 対談DVD 対談DVD CSナンバーワン企業に学ぶDVD ESトップ 社員第一主義経営の強化 職場・チーム力の強化 社員のキャリア強化 ES組織診断 無料ダウンロード セミナー/DVD