給与計算・労務手続きの自計化支援

  メニュー

給与計算・労務手続きの自計化支援

給与計算・労務手続きを自動化する 自計化トップ画像

クラウドツールやRPA※HRテクノロジーを御社に合わせて最適化!
給与計算や勤怠管理・労務手続きなどの効率化、自計化(自動化)を支援します。

※RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは:
ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉で「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも呼ばれています。RPAは人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断し業務自動化を実現します。

企業が困っていると考えられる項目
  • 給与計算・入社手続き等の入力ミス = ヒューマンエラーで二度手間。
  • 入社従業員情報が集まらず給与計算・入社手続きが滞る。
  • クラウドツールを導入したいが何から着手したらよいか分からない。
  • どのクラウドツールを選んでよいか分からない。
  • クラウドツールについて基本的な操作方法は教えてもらったが実務での活用には至っていない。
  • クラウドツールを導入したが多すぎて逆に非効率になっているように感じる。

ぜひ弊社にご相談ください!

給与計算・労務管理の自計化(自動化)とは?

<例>従業員が入社情報を直接入力→人事担当者が入社情報を確認→そのまま手続き(電子申請)が可能
※インターネット接続環境が必要です

自計化全体像の図

人事の世界的な潮流になっているHR Tech。日本にもますます浸透していくことが予想されています。
クラウド労務手続き・勤怠管理・給与計算システムの活用、これらHR Techの最適化で、効率化・自動化が実現可能です。
これまで割くことが出来ていなかったより戦略的な業務に 人材・時間・予算 を充てませんか?

自計化におけるメリットとは?

  • 勤怠管理システムの利用で、従業員の出退勤時間・残業時間・休暇申請等の情報がいつでもどこでも確認できる
  • 従業員情報や勤怠データを1クリックで入社手続きや給与計算へと活用できる
  • 電子明細化で給与明細作成・郵送等の手間を削減

※連携が上手くいかないツール間においては、独自に【RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)】を構築することで、給与計算・労務管理の一貫のスムーズな流れを実現します。

また、社内の人事・業績に関わる情報について、社長・社労士・会計士が同じデータを共有することで人事労務領域のデータの検証を強化でき、分析やアドバイスがより深くもらえるように!

弊社の自計化支援における2つの特徴

  1. 弊社には業界でも少ない【RPA】を構築できるオペレーターがいます!

    ク実際に自計化を推し進める中で見えてきた課題。連携機能のないツール間においては、独自に【RPA】を組みよりスムーズな流れを構築します。その他反復する作業などもRPAを組み更なる業務効率化をご提案します。

  2. 自計化を通じて、社員の思いを反映した活気ある職場づくりを支援します!

    クラウドツールやRPA等HR Tech(HRテクノロジー)を最適化し給与計算・労務手続きの自動化を図るとともに 人事の方がより現場で本来取り組むべき課題へと業務をシフトしていけるように支援します。

活気ある職場づくり・ハピネス5

勤怠・給与データから 時間外労働の上限規制 等「働き方改革」関連法への対応 はもちろん、「労働生産性」や「離職率」「外部労働市場との賃金比較・分析」等を行うとともにコミュニケーション活性度やリーダーシップ指数従業員の満足度(ES)や社会性(SQ)の見える化を実現し、社員の思いを反映した活気ある職場づくりを後押しします。

自計化って何だ?給与計算自計化の9つのQ&A

事業所が複数に別れていたり働く時間帯が異なる従業員が多い企業には特に影響が大きいと考えます。
API連携により加速する自計化~データ連携で利便性が向上します。

採用〜入退社〜給与計算プロセス

弊社には 業界でも少ない【RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)】を構築できるオペレーターがいます! 実際に自計化を推し進める中で見えてきた課題・連携機能のないツール間においては、独自に【RPA】を構築します。 その他 反復する作業などもRPAを組み 更なる業務の効率化をご提案します。

総務の方から給与計算業務をなくす・アウトソーシングし単に総務の方の手を空けることが目的ではありません。 クラウドツール等を組み合わせ 給与計算業務のフロー改善を図るとともに 総務の方が より現場へと目を向ける時間を生み出し 働き方改革法案への対応や組織の関係性向上へと働きかけ等 本来取り組むべき課題へ業務をシフトしていけるように支援を致します。 弊社の定める自計化のゴールは『ハピネス5~給与データから見える!社員の思いを反映した活気ある職場づくり』にあります。

採用〜入退社 給与計算プロセスの図

一度アウトソーシングした業務を再度自社へ戻す際には 新たなご担当者に一から業務を覚えて頂くことになる為 ご負担に感じることと思います。 ツールの組み合わせにより自計化が目指せる今。 アウトソーシングをゴールとするのは時代に逆行した流れと言えます。 ※自計化に伴い一時的にアウトソーシングを行う場合には別途費用を頂きサポートさせて頂きます。

自計化実現までの道のりは企業・総務の方と弊社との二人三脚。 自計化とは 現在の給与計算のフローを調査し 徐々にプロセス改善を図り新たな給与計算フローに変えていきます。 新たな業務フローへと改革していく訳ですので 経営者そして総務の方の強い意志が必要です。

現在のPC・スマートフォン利用率や 各種ツールの使用状況によっても異なりますが、 2~3か月間の試運転を含め ツールの導入開始から【6か月】ほどとお考えください。

御社の段階・課題に合わせ最適なツールをご提案します。※弊社はクラウドツールを販売しません。
(クラウドツール一例)
▪️入社手続きもペーパーレスに!労務管理システム【SmartHR】【労務ステーション】など
入力された従業員情報が社員名簿に集約されるのは勿論、住所変更や扶養変更等の手続きを行う度に従業員情報が更新。
いくつもの手続き窓口への移動・待ち時間から解放。インターネットがつながればどこでも手続きが可能。
▪️集計作業は不要!勤怠管理システム【Touch on Time】【ジョブカン】など
直行直帰時の打刻やシフト提出・休暇申請もどこでも可能。 ヘルプなどの店舗間連携も一元化でき、多拠点であっても、リアルタイムに勤怠の自動管理・集計。
▪️従業員情報も勤怠データも1クリックで他ツールから取込!給与計算システム【マネーフォワード クラウド給与】【freee人事管理フリー】など
入力時のヒューマンエラーがなくなると共に、「電子明細」化で給与明細作成・郵送等の時間とコスト削減。

ご依頼から自計化完了までの流れ

調査 現状の給与計算・労務管理のフロー・ツールの使用状況を確認し改善点を調査

企画・検討 各クラウドツール会社と協働で御社に合わせた最適なツールをご提案。 労務手続き、勤怠集計、給与計算システム、RPA導入 等

フローの立案 自計化に向けてのフローを立案

ツールの導入・設定 (2か月間) 各クラウドツール会社協力のもと適宜設定を行っていただきます。 ※必要に応じて現場のリーダー層に向けたツール利用のための研修等を実施。 ※連携機能のないツール間においては、独自に【RPA】の構築を検討。

トライアル開始 (2か月間)~随時改善

給与計算・労務手続きの自計化完了 「ハピネス5~給与データから見える!社員の思いを反映した活気ある職場づくり」スタート

導入費用(月額)

【自計化コンサルティング】※現状使用しているシステム等により費用・期間は応相談

人数 給与計算自計化コンサルティング 給与システム利用料(別途) 合計金額
1~9人 15,000円 2,590円 17,590円
20~29人 35,000円 6,790円 41,790円
40~49人 55,000円 10,990円 65,990円
90~99人 105,000円 21,490円 126,490円
140~149人 155,000円 31,990円 186,990円
190~199人 205,000円 42,490円 247,490円
<入社時の従業員情報収集の効率化の為のツール>
SmartHR:一人あたり500円
オフィスステーション:一人あたり100円 ※従業員数により増減

社長のための経営・人事 わいがや倶楽部

無料相談受付中! 毎週水曜日