ポスト成果主義の賃金制度-ES(従業員満足)向上型人事制度||有限会社 人事・労務
有限会社 人事・労務
トップページ コンサルティングメニュー 各種教材・書籍 セミナー情報 会社案内・実績 ES経営ブログ お問い合わせ
無料相談受付中! 毎週水曜日お問い合わせはこちらから!
人事制度 コンサルティングメニュー
  • 人事考課TOP
  • 賃金・評価制度設計
  • 外国人雇用・制度
  • 無料小冊子プレゼント
  • ビデオ販売
人材アセスメント
  • 組織活性度診断「人財士」
  • ESクレド作成
  • 社員手帳作成
  • リーダーのためのインバスケット演習
すぐに使える書式集
人事・キャリアの書式無料ダウンロード中!日本一の書式集をご覧下さい。

 

退職金なんて、まだ先のことだから大丈夫なんて勘違いしていませんか?

 

多くの人は、退職金と聞くと、自分自身のことに当てはめ、「まだ先のことだから大丈夫かな」と思ってしまいがちです。

しかし、この退職金は甘く見ていると会社を倒産の危機に招いてしまう可能性すらある大きな問題です。

たとえば、大手航空会社のJALが経営危機で騒がれたとき、すでに退職された方の企業年金をめぐって大きな問題になったのは皆さんご存知でしょう。

また、アメリカの自動車メーカーであるGMも倒産の危機が話題になりましたが、GMもJAL同様にすでに退職された方々の健康保険料や年金の支払いのせいでコストが増え、競争力が落ちているという指摘まであります。

しかし、今後の退職金を考えるうえで大切なのは、

 

 「自社の特徴を正確に理解し、自社に合った退職金を設計する」
 「退職金の設計は、支給水準などの制度そのものと資金準備の2つの視点で検討する」

 

という視点です。

給与制度が、時代の流れとともに年功序列型から成果主義に変化していったように、退職金制度も時代の流れを踏まえて作成しなければならないと言うことです。

平成24年には適格年金(適年)が廃止されますが、適年をまだ移行していない企業はもちろん、適年以外で資金を準備している企業の関係者の方も、ぜひ、本書を手に取り、自社の制度の老朽化や変化への対応力をチェックしてみてください。

そのチェックが、あなたの会社の経営を見直す第一歩となるかもしれません。

 

 

本書の目次をご紹介します。

 

 

 

■適年の移行先の概要は

  ・特定退職金共済ってどういう共済のこと
  ・特定退職金共済加入の移行手続きは
  ・中退共ってどういう共済のこと
  ・中退共の移行手続きは
  ・確定拠出年金ってどういう年金のこと
  ・確定拠出年金の移行手続きは
  ・厚生年金基金ってどういう年金のこと
  ・厚生年金基金の移行手続きは
  ・自社独自年金制度に移行するときは
  ・中退共と生命保険商品の組合せは

 

■退職金見直しにあたっての素朴な質問

  ・退職金を新たに設ける際に注意することは
  ・退職金の水準はどれくらいにすればいい
  ・退職金をやめて賃金で従業員へ還元したいときの規定例は
  ・いまある退職金を廃止しても問題はないってホント
  ・自社の退職金が現状にあっているかどうかを見極める
    ポイントは
  ・前払いの退職金へ変更するときのメリット・デメリットは
  ・退職金は必ず全員に支払う必要があるってホント
  ・退職金はいつまでに支払えばいい
  ・退職金への賃金支払い5原則の適用は
  ・退職金の減額ができるのはどんなとき
  ・退職金規定なしで続けてきた退職金支給は
    今後どうすればいい
  ・正社員にはある退職金制度がパートにはないときの
    問題点は
  ・社長の査定で支給できる退職金制度の設計は
  ・一時解雇者を再雇用したときの勤務期間の通算は
  ・退職金にかかる税金は
  ・退職金を支給する退職者と連絡が取れなくなったときは
  ・経営者・役員の退職金の考え方は


■退職金再設計のポイントは

  ・中小企業の退職金設計のポイントは
  ・基本給連動型ってなに・問題になるのはなぜ
  ・基本給非連動型の退職金ってどういう退職金のこと
  ・中小企業にあったポイント制退職金のポイントは
  ・中小企業にあった定額制退職金の設計・規定例は
  ・中小企業にあった別テーブル方式退職金の
    設計・規定例は
  ・中小企業にあったポイント制退職金の設計・規定例は
  ・通常の退職金の規定例は
  ・中退共を活用するときの退職金規定例は

 ■退職金ってなに・見直しのポイントは

  ・退職金の改革が叫ばれるのはなぜ
   ・退職金の性格は
   ・退職一時金・企業年金の違いは
   ・退職給付制度のメリット・デメリットは
   ・中小企業での退職金の役割・設置メリットは
   ・会社や従業員にとっての必要性は
   ・中小企業の退職金制度が直面する問題点は
   ・退職金見直しのポイントは
   ・適年廃止の意味・理由は
   ・適年廃止後の退職金制度のしくみは
   ・これからの退職金の考え方は
   ・中小企業の退職金制度の再設計法は
   ・自社にあった退職金ってどういう退職金のこと

 ■退職金制度見直しで行う適年の廃止・移行は

  ・廃止される適年ってどういう年金のこと
   ・適年の適用要件は
   ・適年のメリット・デメリットは
   ・移行先決定にあたっての検討課題は
   ・適年の積立不足解消の手続きは
   ・適年の給付引下げの手続きは
   ・適年・退職一時金を併用するときの検討ポイントは
   ・適年廃止に伴う移行先は
   ・移行先ってどういうこと・その違いは
   ・移行先ごとのメリット・デメリットは
   ・移行に際して注意することは
   ・適年廃止で退職金制度をやめるときの問題点は
   ・適年を廃止して退職金制度を続けるときの問題点は
   ・生命保険の利用メリットは
   ・適年の解約や移行の手順・留意点は


 

 

本書をamazonでご購入した方、限定でモデル退職金規程をプレゼント中です

 

今、本書をamazonで購入した方にだけ、モデル退職金規程をプレゼント致します。

 

この運用に便利なモデル退職金規程は、誰でも編集できるワードで作成されています。

 

収録しているデータは下記の通りです。

 

 

  「ポイント制退職金規定例」

  「中退共活用型退職金規定例」

  「別テーブル方式退職金規定例」

  「基本給連動型退職金規定例」

  「定額制退職金規定例」

 

 

 

 

 

お申込み方法は簡単です

 

「1」 書籍『適年廃止後の退職金再設計の実務』をamazonでご購入ください。

 

上記の画像をクリックするとamazonに飛びます。

 

 

「2」 amazonから「注文確認メール」が届きます。

「3」 そのメールの文章を、下記の入力フォームに貼り付け、必要項目をご記入の上お申込みください。

「4」 これだけでOKです。

 

お申込みフォーム

御社名* (例:有限会社○×商事)
所属部署名 (例:人事部)
役職
お名前* (例:人事太郎)
フリガナ* (例:ジンジタロウ)
メールアドレス* (例:info@jinji-roumu.com)
メールアドレス
再入力
*
(例:info@jinji-roumu.com)
お電話番号* (例:03-1234-5678)  
送付先住所* (例:東京都台東区松が谷3-1-12)  
メルマガ登録*
【無料】メールマガジン『社長のための経営・人事わいがや倶楽部』
購読に同意します。
はい   

注文確認メール貼り付け欄*

 

 

Copyright © Personnel Affairs & Labor Management co.,Ltd. All rights reserved.

Supported by Nobleweb

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー