有限会社 人事・労務 - 朝礼の活性化!月刊『職場の習慣』

メニュー

ESを高める職場の習慣

    

皆さんにとって、“強い組織を創るための習慣”とはいったい何でしょうか?

イギリスの歴史家 アーノルド・トインビーは「国が滅びるのは戦争によってではなくその国の文化がなくなったとき国は滅びる」と言っているように、強い組織を創るために必要なのは文化、つまり“企業風土”です。

昔から、会社にとって大切な資源は”ヒト””モノ””カネ”と言われています。

しかし、最近、隠れた第4の資源として「共感資本」が注目を集めています。

「共感資本」とは、”人と人のつながり”や”人と会社のつながり””人と地域のつながり”など「人が何かに共感することで生まれる”つながり””絆”の力」です。

月刊『職場の習慣』は、日々の仕事で忘れてしまいがちな「周囲への感謝」を思い出し、組織の中に眠っている「共感資本」を最大限に引き出します。

 

月刊『職場の習慣』とは?

月刊『職場の習慣』とは、古今東西の仕事を通して人生の成功を実現した偉人たちの成功哲学に、弊社の350社を超えるコンサルティング実績の経験知をエッセンスとして加え、朝礼やミーティングの場で活用しやすいように 一ヶ月に一冊ずつの冊子の形にまとめたものです。

 

サンプルはこちら



・・・他

 

使い方

月刊『職場の習慣』は、毎月一人1冊・年間12冊お届けする、「仕事を通して成長するための10の心得」をコーチング形式で意識付けできる書き込み式ノートです。

職場のメンバー全員に持たせ、朝礼などの場で共有することで、「やる気・ロイヤリティを持ってチームワークを発揮しながら自律的に仕事に取り組む」習慣を職場に根付かせることができます。

『職場の習慣』を使った効果的なセルフコーチング

セルフコーチングの流れ

自らが 目標を立て 振り返り 改善し 自己実現をしていく
  @     A       B    C        D      

 
@自らが

セルフコーチングとは、自分が自身のために自己実現を達成していくという手法です。

それにはまず、本人自身にやろうという意思があることがもっとも重要です。
今、自分に一番必要なものは何なのかと考えながら取り組みましょう。

A目標を立て

人は皆無限の力を持っています。その力をどれだけ引き出せるかによって、その人の人生は変わってくると言っても過言ではありません。セルフコーチングでは「自分へ問いかける力」如何によって、その後の方向性が変わってきます。

ここでは、10のクレドの中から今日一日意識したいクレドを1つ選んで、今日のクレドに書き込みます。そしてどのように行動するのかも、一緒に記入しましょう。

【選ぶ時のポイント】

  ・なぜ選んだか
  ・課題は何か
  ・どのようにするか

B振り返り

いつもその人が必要とする答えは、全てその人の中にあります。

静かな場所で、今日一日を振り返りながら、“反省点”や“心を動かされたこと”、“今日の気づき”について考えましょう。

とにかく始めは何でもいいので、思いついたことを片っ端から『職場の習慣』に記入していってください。

C改善し

“反省点”や“心を動かされたこと”、“今日の気づき”について、思った通りに行った点、行かなかった点があると思います。

変化にはとても時間がかかります。今後の課題を踏まえつつ、セルフコーチングのサイクルを根気よく続けましょう。

D自己実現をしていく

“反省点”や“心を動かされたこと”、“今日の気づき”について、思った通りに行った点、行かなかった点があると思います。

変化にはとても時間がかかります。今後の課題を踏まえつつ、セルフコーチングのサイクルを根気よく続けましょう。

 

★朝礼で「仕事を通した自己の成長」を意識付け!

職場の習慣では、「自己の成長」を意識することが出来るコラムが「毎日」掲載されています。日々の忙しさでつい忘れがちになってしまう大切なことを日替わりで掲載しているので、毎朝の朝礼で読み上げることで、毎日を新しい気持ちで迎えることができます。

『職場の習慣』を使った効果的な朝礼の進め方
1.全員での経営理念の唱和

自社の経営理念をメンバー皆で元気よく読みあげます。

声に出して読むことでより社員への経営理念の新党をはかると共に、元気に1日のスタートを切ることができます。経営理念は社員の全ての考え方、行動のベースとなります。

2.本日の行動予定と”今日のクレド”の発表

各自の行動予定と合わせ、”10のクレド”の中からとくに今日1日意識して行動したい項目を選んで、理由と共に発表します。

常にクレドを念頭に行動していくことで、無意識レベルにまで落とし込むことができます。

「現在の行動が将来どのような結果につながるのか」など自然に考えるクセが生まれ、自分なりに気づきを深め、自分の思いを引き出すことができます。

3.前日の振り返り

”10のクレド”を意識して行動した結果、生まれたエピソードや、心を動かされたこと、気づきなどを発表します。

発表し自分の行動を振り返ることによって、そこからより研ぎ澄まされた自分の考え方や方向性、思いが生まれてきます。

日ごろから自分の意見をはっきりと述べる機会を持つことによって、自分なりの思考回路を育て、周囲や常識に流されない自己を確立することができます。

また、周囲の社員は、様々な立場の異なる考えや意見、思いを聞く事によって、新しい気づきや共感を得ることができます。

4.リーダーからみんなへのコメント

リーダーは上記”3.前日の振り返り”の発表の後、みんなで共有しておきたい点などについて幅広い視点からフィードバックを行います。

発表者の気づきの深堀や今後のチームの仕事にどのように生かすことができるのかなど、部下の問題意識を喚起するよう導きます。

5.ご縁の確認

自分たちが仕事を進める上でお世話になっている方や、各社員が持つ人脈についての再確認をします。

”このような方たちのおかげで仕事ができているんだ”という感謝の気持ちをみんなで共有することによって、地域社会や環境、人、組織等とのつながりが強化されます。

6.報告・連絡・相談事項の確認

メンバー皆で情報共有が必要な事項を発表しあいます。

全員参加でメンバー皆が同僚の業務状況を把握し、しっかりとした協力体制を導くことができるようになります。

 

★上司と部下のコミュニケーションツールとして活用!

月刊「職場の習慣」は日報としても活用することが出来ます。 しかも、日々のコラムがありますから、その日ごとの目標も立てやすいため、上司と部下のコミュニケーションツールとして活用することが出来ます。

 

社長が楽しく経営し、社員が楽しく仕事をする強い組織を創るために、月刊『職場の習慣』を活用してみませんか?

 

サンプル

■一日一話!気づきのデイリーコラム ■仕事を通しての自分の成長Story
ダウンロード
■今月のES経営必須テーマ ■チーム力を高め、仕事が楽しくなる
10の心得
ダウンロード
■The対談
元気ハツラツで行こうじゃないか
 

 

●上司と部下の報連相ツールとして活用しています (製造業・N社長)

弊社では、業務の忙しさを理由に朝礼・終礼を後回しにする傾向がありました。各部署の管理職たちに言ってもなかなか徹底できず困っていたところ、この冊子に出合ったのです。

主に朝礼の中での意識付けと終礼時の一日の振り返りのために使っていますが、導入して感じたのは、「管理職たちは部下とのコミュニケーションのとり方が分からなかったから朝礼・終礼を避けていたのだ」ということです。

『職場の習慣』というツールを通して部下と会話する場を設けたことで、以前よりも積極的にコミュニケーションをとろうとする管理職の姿が目立ってきました。部下もマメに報告・連絡・相談を行うようになり、以前と職場内の慌しさは変わりませんが、”笑顔”が増えてきたような気がしています。ありがとうございました。

 

●マンネリ化したミーティングが一気に活性化しました (医療業・Sマネージャー)

私の医院では、日々の朝礼のほか毎週一回スタッフ全員で情報共有・業務管理のミーティングを行っています。10名程度で小規模なのですが、主体的に参加してくれるスタッフと何も発言すらしないスタッフとがいてモチベーションがバラバラ、内容もマンネリ化しているのではないかと気になっていました。

この『職場の習慣』は、スタッフ全員に持たせています。ミーティングでは、定例の議題のほか、「10の心得」についての一週間の振り返りや、仕事の中でのエピソードなど、必ず一人一回は発言する機会を持たせるようにしました。

これまで黙り通しだったスタッフも、自分の言葉で意見を伝えるようになり、医院のスタッフ一人ひとりにスポットライトがあたるようになったのではないかと感じています。スタッフも、患者さんへの意識だけではなくそのために必要なチームワークの大切さを理解して行動できるようになりました。


 ※お客様のご都合による中途解約につきましては、定期購読料の返金はお受けできませんので、予めご了承ください。


※恐れ入りますが、ご同業の方のお申込みはお断わりしております。

  • 希望冊数*
  • 定期購読*
  • 定期購読を6ヶ月
    定期購読を12ヶ月
    定期購読は申し込まない
  • 御社名*
  • (例:有限会社○×商事)
  • 御社名*
  • (例:有限会社○×商事)
  • 御社従業員数
  • 業種
  • (例:製造業、小売業)
  • 所属部署名
  • (例:人事部)
  • 役職
  • お名前*
  • (例:人事太郎)
  • フリガナ*
  • (例:ジンジタロウ)
  • メールアドレス*

  • (例:info@jinji-roumu.com)
  • メールアドレス
    再入力*

  • (例:info@jinji-roumu.com)
  • お電話番号*

  • (例:03-1234-5678)
  • FAX番号

  • (例:03-1234-5678)
    ※セミナー等のご案内をお送りさせていただきます
  • 郵便番号*
  • (例:111-0036)
  • 住所*

  • (例:東京都台東区松が谷3-1-12 松が谷センタービル5F)
  • ご意見、ご質問

 

朝礼を活性化!月刊『職場の習慣』ES(従業員満足)ならリーダーのESマインド活性化 特訓コース ESクレド実践マニュアル ES(従業員満足度)組織診断 クレドの作成 リーダーシップ向上のためのトレーニングシート 対談DVD 対談DVD CSナンバーワン企業に学ぶDVD ES組織開発TOP ESクレド導入 組織のコミュニティ化 個人起点のキャリアデザイン ES組織診断 無料シートダウンロード