コミュニティ経営とは 未来を描きこれからの道を創る イノベーター型リーダーの育て方 - 有限会社 人事・労務

トップページ コンサルティングメニュー 各種教材・書籍 セミナー情報 会社案内・実績 ES経営ブログ お問い合わせ
プロボノ活動のすすめ組織の変容を促すプログラム3つの輪 コミュニティ経営とは 行動変容を促すプログラム 社会性を高めるプログラム

初めての地域に身を置き、慣れない環境の中で行動する。
複雑な課題と向き合い、多様な接点を通じて解決の道筋を描く。

そのように“非日常の現場でリーダーとしての本質を問われる経験”を通じて、既成概念や囚われを捨て、つながりから価値を生み出すことができる人材を「越境人材」と言います。

「越境」とは、何も“組織の境界を越える”ことだけを指すわけではありません。 自分の専門性(型)と他の専門性とを結びつけたり、自分の専門性(型)がない分野についてもある程度理解し形をつくりながら他の専門性ある人材を動かしたりすることで、多様性のある組織をつくり、新たな価値を生み出すこと。 そのように境界を重ねる「のりしろ」の役割を果たすリーダー人材のことを言います。

複雑性・不確実性が高く変化の多い現代社会。 既成概念、過去の積み重ねからだけでは、課題解決の道筋を描くことはできません。

組織のイノベーションの基点となる未来型リーダー育成のための一冊として、”デザイン思考”や”SQ”、”コミュニティ経営”といった考え方を盛り込みまとめた小冊子です。

未来を描きこれからの道を創る イノベーター型リーダーの育て方

<1> はじめに
 「新たなはたらくカタチを創る”越境人材”とは?」

<2> 越境リーダーが実践する未来の働き方
 1)越境人材を育てる組織の器とは?
 2)越境リーダー人材に必要な「SQ」と「共感資本」

<3> 越境リーダー人材は組織のイノベーター
 1)“やりたいこと”より“ありたい姿”を明確に描く
 2)“デザイン思考”で描く未来地
 3)これまでは“リーダーシップ”これからは“イノベーターシップ”
【コラム】弛まぬ技術革新で継承される老舗の文化を掛け合わせた
「日光あんぱん」   

<4>越境リーダーとして活躍する人材の事例
 事例@「本業を通した社会貢献」を掲げ地域のつながりの基点となる
 事例A 雪国観光圏のつながりを重視した改革に挑む
 事例B 持続可能な社会を目指すCSRの専門誌「オルタナ」

<5>おわりに

<6>越境人材的な新たなはたらく形を増やす!5つのツール
 @持つだけで社会とつながる「GATE手帳」   
 A新たな目標管理ツール「MBCシート」  
 BESを軸とした従業員支援プログラム「EAP」  
 C社会性を高める「SQ360度診断と自己変容プログラム」  
 Dイノベーター型リーダーを育てる!「越境人材養成プログラム」

お申し込みはこちらから

 

*は必須項目です。
御社名* (例:有限会社○×商事)
社員数*
業種*
部署
役職
お名前* (例:人事太郎)
フリガナ* (例:ジンジタロウ)
会社電話番号* (例:03-1234-5678)
FAX番号 (例:03-1234-5679)
※セミナー等のご案内をお送りさせていただきます
郵便番号*
会社住所*
メールアドレス*
(例:info@jinji-roumu.com)
メールアドレス
再入力*

(例:info@jinji-roumu.com)

お申込み頂いた方には、弊社から最新の経営・人事に関する情報や最新の書式集等に関するメールマガジン「社長のための経営・人事わいがや倶楽部」を送信させて頂きます。楽しみにしていてください。

 

Copyright © Personnel Affairs & Labor Management co.,Ltd. All rights reserved.

Supported by Nobleweb

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー
プロボノ活動のすすめ 組織の変容を促すプログラム 3つの輪 コミュニティ経営とは