クレドの作成なら - 有限会社 人事・労務

メニュー

ESクレドの作成

はたらく一人ひとりの感性を高めるための指標

「仕事の中で最も感動した出来事は何ですか?」
「あなたの仕事の上での”こだわり”は何ですか?」
「あなたの会社で誇りに感じることは何ですか?」
このような質問を投げかけたとき、皆さんの会社の社員の皆さんはどの程度こたえることができるでしょうか。

「毎日同じ作業をしているから、感動と言われてもよく分かりません。」
「特別な仕事をしているわけではないので、こだわりと言えるようなものはありません。」
「儲かっていた昔は良かったけれど、今ははっきり言って誇れるところはないですね。」
こんな返事がかえってくることもあるかもしれません。

しかし、喜びや感動、誇りといったものを感じるきっかけは、実は日常の仕事の中にゴロゴロと転がっています。
それをキャッチできるかどうかは、はたらく一人ひとりの感度、組織全体の感性の高さによって異なるのです。
社員の心に高い感性のアンテナを立て、仕事を通じて喜びや感動を得るための指標、それが「ESクレド」です。

リーダーの役目は、「部下の笑顔を管理すること」。
すなわち、一人ひとりに仕事を通じたより多くの喜びや感動をもたらし、それぞれのキャリアステージでの”成長の機会を創り出す”ことにあります。
そして、ESクレドを日常の職場で実践し、組織に浸透させる役割を担っているのが、リーダーであるのです。

 

ESクレド作成の流れ

(ESクレド導入事例はこちら

ESクレドは、下記の4ステップによって作成していきます。
全社員対象のキックオフミーティング(研修形式)、および作成プロジェクトメンバー対象のプロジェクトミーティングを行うものとします。

第一ステップ

「仕事を通じた成功体験記」を書こう(原則として全社員対象)

:「心の火種」を大切にしながら感性を高めて仕事に取り組む大切さを伝え、自らの仕事上の成長・成功ストーリーや感動体験、こだわりなどを文章としてまとめてもらいます。

第二ステップ

ESクレドを考えよう(原則としてプロジェクトメンバー対象)

:全員の成功体験記に目を通し、各自印象に残った言葉を抽出します。
それらを独自の方法でESクレドとしてまとめ、文章化します。

第三ステップ

ESクレド発表および表彰(全従業員対象)

:完成したものを全社に発表します。
ESクレド導入にあたり、対話の習慣を根付かせるために組織全体でワールドカフェ等のワークショップを行います。


⇒詳しくはお問い合わせください

クレドの浸透が、組織に”儲けのサイクル”を生み出す

実際にESクレドを作成しても、それを日常の仕事を通して実践していかねば、「ES∞CS=業績向上」というサイクルはもたらされません。
私どもは、以下のようなESクレド浸透のための運用プログラム「クレボリューション」をご提案しています。 
⇒詳しくはお問い合わせください

●朝礼、終礼にオブザーバーとして参加、アドバイス
:ESクレドは複数の項目でまとめられています。
「どの項目に特にこだわって仕事に取り組んでいくのか」「仕事の中で起きた出来事がどの項目に該当するのか」といったことを日々意識し、行動に移していくことが、ESクレドの理解・浸透につながります。

●リーダー層、サブリーダー層を対象としたグループコーチングの実施
:組織の中でESクレドを推進する役割を担っているのは、「会社と社員の架け橋」であるリーダー層の方々です。リーダーとしてのあるべき姿、問題意識を共有し、一般の従業員に何を伝えていくべきなのか、を考える場として、グループ形式のコーチングを行ない、リーダーにESクレドへの意識付けをします。
テキストとして、弊社コーチングツール「やるきんぐノート」を使用します。

●ESクレドに基づくマニュアルの作成
:日々の仕事の中で生じた喜びや感動、あるいはトラブルやクレームなどをクレドの項目にそって各自洗い出し、記録していきます。
それらを定期的に専用フォーマットに落とし込み、ESクレド運用マニュアルとしてまとめていきます。

●社内報・社員手帳などプロジェクト運営サポート
:ESクレドとひもづいた社内施策のことや自社の地域活動等々を取り上げ社内で意識の共有をはかる社内報や社員手帳等の作成プロジェクトを立ち上げ、その推進をサポートします。

 

組織における「クレド」の位置づけ

会社には必ず「経営理念」があります。経営理念とは、「会社が何故この社会に存在するのか」という存在意義をまとめたものですので、すぐに実現できるものではありませんし、非常に抽象的な表現になることもあります。

では、「経営理念」と「クレド」の違いとは?というご質問をいただくことがあります。
それを中長期のスパンで区切って具現化したものが「ビジョン」であり、数値や分かりやすい言葉で表現していきます。

そして「クレド」は、そのようなビジョンを会社の戦略に沿って落とし込んだ「目標」に取り組み達成していくための日々の行動を“支える”もの、という位置づけです。例えば、「お客様からのクレームに対してどのように対応するか」と考える際の判断基準としてクレドを活用したり、採用や育成に際して、「このような行動をできればうちの会社の社員にふさわしい」といった行動基準ともなったりするわけです。

ですから、「経営理念」=「クレド」ではなく、クレドの実践を積み重ねることによって、ビジョン・経営理念の実現に近づいていく、というわけです。
私どもがクレドを作成する際は、上記のように必ず「社員参画」型のプロジェクト形式で行います。

そのため、クレドが完成した際に、「会社から与えられたもの」という受け身な感覚ではなく、「自分たちで創り上げたもの」というこだわりや愛着が生まれ、“自分ごと”としてクレドの実践策を考える土壌が出来上がります。

ですから、クレドは、「いかに良い内容の文章にするか」ではなく「いかにクレドの実践に対して参画意識をもつか」ということが重要であり、クレドの作成・実践プロセスそのものに意味があると言えます。
私どもは、「クレド」を柱としてさまざまな「場」を創り、組織に変化を促すことを、「ESを軸とした組織開発」と言っており、そのプログラムを「クレボリューションプログラム」と呼んでいます。

お問い合わせ・相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

お電話受付時間:土日祝日を除く10:00〜19:00 03-5827-8217 メール 24時間受付中 24時間以内にお返事差し上げます。
毎週水曜日17:00〜 限定2社 無料相談会実施中 ⇒ お申し込みはこちらまで

サービス料金

御社名* (例:有限会社○×商事)
社員数*
部署*
役職*
お名前* (例:人事太郎)
フリガナ* (例:ジンジタロウ)
会社電話番号* (例:03-1234-5678)
FAX番号 (例:03-1234-5679)
※セミナー等のご案内をお送りさせていただきます
郵便番号*
会社住所*
メールアドレス*
(例:info@jinji-roumu.com)
メールアドレス
再入力*

(例:info@jinji-roumu.com)
備考
【無料】メールマガジン『社長のための経営・人事わいがや倶楽部』 購読に同意します。

 

クレドとは

作成の4つのステップ

活用の方法

新入社員とクレド

作成プログラム

飲食業のクレド

コンサルティング

ESクレド

導入の方法

浸透の方法

パチンコ店のクレド

病院のクレド

CSクレド

事例

管理職

クレドカード

製造業のクレド

 

朝礼を活性化!月刊『職場の習慣』ES(従業員満足)ならリーダーのESマインド活性化 特訓コース ESクレド実践マニュアル ES(従業員満足度)組織診断 クレドの作成 リーダーシップ向上のためのトレーニングシート 対談DVD 対談DVD CSナンバーワン企業に学ぶDVD ES組織開発TOP ESクレド導入 組織のコミュニティ化 個人起点のキャリアデザイン ES組織診断 無料シートダウンロード