有限会社 人事・労務 - 人事制度・賃金制度に関するプロフェッショナル集団
有限会社 人事・労務
トップページ コンサルティングメニュー 各種教材・書籍 セミナー情報 会社案内・実績 ES経営ブログ お問い合わせ


※弊社主催パネルディスカッションより抜粋

■弊社との契約の経緯について

7年ほど前に田舎の古い民家で会社を設立しまして、設立から1年くらいから人事労務さんにお世話になっています。

社労士というのはどういうものか、それまでほとんど知りませんでした。

それまで社内規則みたいなものは一切なかったのですが、人事労務さんはうまい具合に規則と助成金をからめて、すごく親身に進めてくれました。

また、こちらの要望することを先手先手で資料など用意してくれ、先回りして進めてくれたことで、さらに信頼感が深まり「ぜひ長くお付き合いをしたい」と思い、これまでお願いを

■ 最近の若い人の働き方について

うちの会社は若い社員が多いのですが、時間的にはすごく働いてくれています。

ただ、一般的に言ってですが、受け身な人は増えているように思います。

若いうちは、仕事をすることを「勉強できるからありがたい」くらいに思ってもいいんじゃないかと感じることがありますが、やはりそうではないことが多いですね。

社会的に教育的な問題があるんじゃないかとも思います。

受け身になる人材を輩出しているのではないかと。点数だけとれてれば大丈夫みたいな。

明日会社がつぶれても生きていけると思えるくらいのたくましさがある人がたくさん育って欲しいですね。

■給料や賞与以上に社員のモチベーションをあげるものがあると思いますか?

やはり、自己の成長や、社内の社員同士の承認、コミュニケーションでモチベーションが大事だと思います。

例えば、景色の良い高層タワーマンションの職場も、最初は感動しても、6ヶ月もたたないうちに、それが当たり前になってしまいますから。

■社労士に期待することは?

自分は人事労務さんからかなり影響を受けていると思います。

社労士でありながら、社員たちの気持ちをうまく汲み取ってくれて、経営陣に伝えて頂く時に、言われて初めてはっと気づくことがあります。

また、今の自分はすごく人を踏み台にしていたのではと思ったりすることもありますが、そんな時に信じてくれる存在というのがとてもありがたいです。

以前、ちょっとしたトラブルがあった際も畑中さんは自分を信じてくれました。

そして、手続きなどを細かく丁寧に教えて頂きました。たまに社員目線の話もしてくれて、経営陣と社員のいいつなぎ目になってくれることを社労士さんに期待します。

 

Copyright © Personnel Affairs & Labor Management co.,Ltd. All rights reserved.

Supported by Nobleweb

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー

朝礼を活性化!月刊『職場の習慣』ES(従業員満足)ならリーダーのESマインド活性化 特訓コース ESクレド実践マニュアル ES(従業員満足度)組織診断 クレドの作成 リーダーシップ向上のためのトレーニングシート 対談DVD 対談DVD CSナンバーワン企業に学ぶDVD