コミュニティ経営とは 未来に選ばれる会社・ワークショップ全3回

トップページ コンサルティングメニュー 各種教材・書籍 セミナー情報 会社案内・実績 ES経営ブログ お問い合わせ
プロボノ活動のすすめ組織の変容を促すプログラム3つの輪 コミュニティ経営とは 行動変容を促すプログラム 社会性を高めるプログラム

一般社団法人CSR経営者フォーラム、株式会社オルタナ、有限会社人事・労務は今年5月から、「未来に選ばれる会社シリーズ・ワークショップ(WS)」を開催します。


日本の人口が減少し、国内経済の縮小も避けられない中、21世紀に生き残る企業とは何かを探ります。

 

ワークショッププログラム

「ホラクラシー経営」の可能性

日程:7月27日(木)午後4時〜7時

会場:株式会社博展 フリースペース
 (〒104-0045 東京都中央区築地1-13-14NBF東銀座スクエア9F) 
(最寄り:東京メトロ日比谷線「東銀座駅」5番出口より徒歩2分/ 東京メトロ日比谷線「築地駅」1番出口より徒歩3分/ 東京メトロ有楽町線「新富町駅」1番出口より徒歩6分)

講師:ダイヤモンドメディア株式会社  代表取締役 武井浩三
ファシリテーター:矢萩大輔(有限会社人事・労務代表取締役)

■ホラクラシー経営とは:
ザッポスやエアビーアンドビーが導入していることで知られる自主管理型組織、ホラクラシー。「フラットな職場環境が柔軟性と職場の関係性を深める」という評価もある一方で「昇進と報酬制度、責任の所在があいまいで不透明」という体験者からの声もある。ホラクラシーをはじめとする自律分散型の組織の特徴や利点、課題など、日本の導入事例として脚光を浴びる武井氏と様々な観点からホラクラシーについて論じる。
武井氏曰く、イノベーションとは、自然の摂理に基づいた組織運営の結果である。ではその結果を生み出すためにどのような環境づくり、組織づくりを進めればよいのだろうか。中央集権管理型のヒエラルキー型組織ではない、自律分散型のホラクラシー型組織へ。
ES組織開発の第一人者として20年来中小企業に導入を進めてきた弊社(有限会社人事・労務)代表の矢萩と、約10年間ホラクラシー経営を実践してきた武井社長のそれぞれの立場から、未来企業の新しい組織の在り方として、ホラクラシー型組織の導入について対談し、提言する。

「グリーン・オーシャン戦略ーー社会課題起点のビジネス創出」

日程:9月21日(木)午後4時〜7時
講師&ファシリテーター: 森 摂(オルタナ代表取締役編集長)

 

実施要項

参加費用: 1回:15000円、2回券:27000円(いずれも税別)
定  員: 各回とも20人
参加資格: 企業の取締役または執行役員

 

当日のキャンセル・問い合わせ先 ⇒ info(a)alterna.co.jp ※(a)を@に変えて下さい。

 

お申し込みはこちらから

お申込み*


お申込者* (例:人事太郎)
フリガナ* (例:ジンジタロウ)
御社名* (例:有限会社○×商事)
お役職*
ご受講者* (例:人事次郎)
フリガナ* (例:ジンジジロウ)
業種
従業員数
お電話番号* (例:03-1234-5678)
FAX番号 (例:03-1234-5679)
郵便番号*
ご住所*
メールアドレス*
(例:info@jinji-roumu.com)
メールアドレス
再入力
*

(例:info@jinji-roumu.com)

※お申込み頂いたメールアドレスに、弊社メールマガジンが配信されます。お楽しみに!

 

Copyright © Personnel Affairs & Labor Management co.,Ltd. All rights reserved.

Supported by Nobleweb

特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー